モバイルアプリは、再生スピード調節や縦長の動画に最適化する新機能が追加

何かと話題のYouTube、新機能や新デザインのロゴを発表!モバイルアプリは再生スピード調節や縦長の動画に最適化する新機能

これまでのYouTubeのロゴは「Tube」部分が赤色になっていました。

何かと話題のYouTube、新機能や新デザインのロゴを発表!モバイルアプリは再生スピード調節や縦長の動画に最適化する新機能

新ロゴでは「YouTube」の隣に再生マークが配置されています。

 
 

YouTubeがデスクトップおよびモバイルアプリのデザインを大幅に刷新し、

操作性を向上する新機能や新デザインのロゴを発表しました。

まず、

デスクトップ版では全体にマテリアルデザインが採用され、

何かと話題のYouTube、新機能や新デザインのロゴを発表!モバイルアプリは再生スピード調節や縦長の動画に最適化する新機能

デスクトップ版

より見やすくわかりやすいデザインに変更されています。

何かと話題のYouTube、新機能や新デザインのロゴを発表!モバイルアプリは再生スピード調節や縦長の動画に最適化する新機能ダークモード

白い部分(空白)が多くなりましたが、黒を基調としたダークモードも選べるようになっています。

モバイルアプリでは、すでにデスクトップ版にはあった

再生速度(0.25~2倍速の6段階)の調整がおこなえるようになりました。

再生画面で3点ボタンをタップしメニューを表示して再生速度を変更可能です。

また、今までスマートフォンなどで縦向きに撮影されたムービーをモバイルアプリで再生すると、

映像の左右に黒色のデッドスペースができてしまうため、

狭いスマートフォンの画面上で映像が表示されるエリアが小さくなり見づらい

と思っていたユーザーも少なくはありません。

しかし、今回のYouTubeのモバイルアプリはこれを解決すべく、

ムービーに合わせて再生エリアを左右いっぱいのサイズに自動調整されて

視聴できるようになる予定だそうです。

このほか、再生時に左右の端をスワイプすることで前後の動画に

移動できるジェスチャー機能も備わる見込みです。

記事作成時点ではYouTubeのモバイルアプリにこの変更は反映されていなかったのが残念です。

スポンサーリンク

「UUUM」東京証券取引所マザーズに新規上場で買い注文が殺到

また、この日、8月30日はYouTubeの話題はデザインだけではありませんでした。

YouTubeに投稿する「YouTuber」のマネジメント支援会社「UUUM(ウーム)」が

同日(30日)、東京証券取引所マザーズに新規上場した。

YouTuberの支援業務をする企業の上場は初とみられる。

この日の取引では、動画配信事業の好調を背景に買い注文が殺到し、売値がつかなかった。

「UUUM」東京証券取引所マザーズに新規上場で買い注文が殺到

UUUMの東証マザーズへの上場では、人気ユーチューバーのヒカキンさん(左)が登場した。

上場セレモニーでは、

同社所属で約500万人の登録者がいる人気YouTuber、ヒカキンさんが上場記念の鐘を鳴らし、

「YouTuberの市場はひたすら上り調子。

上場後もいっそうまじめに動画をつくっていきたい」と話した。

同社に所属するYouTuberはヒカキンさんのほかに、はじめしゃちょーさんら100人超。

同社は動画制作支援などを請け負うほか、

動画の再生に応じて得られる広告収入の配分などを担うなど

今、注目を集めています。

中学生の「将来なりたい職業は?」とアンケートを

してみたところ、第3位にYouTuberに上がっています。