ある美女がミス・イギリスに選ばれたにもかかわらず、優勝を辞退したということで今、話題になっています。

女性なら誰でも、ミスコンなどで優勝すれば「自分の美しさはお墨付 」なんて思うのに、ミス・イギリスの優勝を辞退!その、一歩も譲らない態度にネットユーザーから称賛 の嵐

南米エクアドルで9月23日で開催される世界大会

「ミス・ユナイテッド・コンティネンツ」に出場する権利を手にし

ミス・イギリスの栄冠を手にした英ノーサンプトンシャー州に

暮らす28歳のゾーイ・スメールさん、その人です。

ゾーイさんは、ミス・イギリスの座から退く声明を発表し、

ファンや関係者を驚かせたのだという。

そもそもどうして、

ふつうの女性ならものすごく欲しがるようなタイトルを辞退したのでしょう。


スポンサーリンク

本年度の英国代表ということで、準備にあたっていた時、

ゾーイ・スメールさんに、ミス・ユナイテッド・コンティネンツ大会・エクアドル支部長から

「サイズ10ではダメ。」

「大柄に見えるから本選前にもっと体重を落とさなければ。」

「しっかりとしたダイエットプランを」

そう言われて強いショックを受け、すべてのやる気を失ってしまいました。

ここ10年にわたり毎年のように挑戦し続け、

英国代表選考会では11人のファイナリストを破って

悲願であったミスコン英国代表のタイトルをついに獲得した栄冠でした。

悲願であった栄冠だったからこそ、

ゾーイさんは、時間をかけて自分自身を見つめ直した末に、

「そんなことを要求してくるなら、世界大会には出場したくありません。」

と、英国支部に正式に棄権する旨を連絡したそうです。

海外メディアのインタビューを受けたゾーイさんは、

「この体形で20数年間、この地球上で問題なく生きてきたんだから、

誰かのために変えるつもりはないわ。」

「女性としてあくなき美を追求するにせよ、

自分には犠牲にできるものと、できないものがある。」

「ミスコンの出場者は、服のサイズ以上の価値があるわ。」

と、ピシャリと断言した。

 

自分の生き方、考え方を曲げてでもミスコン大会に出場することに、

もはや何の魅力も感じなくなったというゾーイさんの決断はSNSでも、

女性を中心に大きな話題となった。

「モデルの世界は、ガリガリに痩せた子ばかりで女の子たちもそれに憧れてしまう。

これはとても悲しいこと。そうした意識は徐々にでも変えていかなければ」と説く

そんな、ゾーイさんの一歩も譲らない態度に数多くのネットユーザーから称賛の声が挙がり、

ゾーイさんに惜しみないエールを贈っています。

その中でも、

「あなたの勇気ある決断と、メッセージを娘にも教えてあげたわ。」

という母親からのメッセージが数千件、寄せられているそうです。