今日の日本の朝は、緊迫な報道から始まりました。

15日の北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、タレントで東京海洋大名誉博士のさかなクンが15日に更新したフェイスブックの投稿に、「これ以上 私たち日本の自然とたいせつな心を壊さないで!」と訴えた。

その影響は、まずNHKでは朝ドラを急遽、北朝鮮の弾道ミサイル発射の緊急ニュースを放送したため、

総合テレビで放送予定だった朝の連続テレビ小説「ひよっこ」第143回などを休止から始まりました。

発射直後には、ニュース番組で避難を呼び掛ける「国民保護に関する情報」を

画面に大きく映すなど各局が速報した為、みなさんも、気になった話題だと思います。

それは、本日午前6時57分頃、北朝鮮は北海道上空を通過する弾道ミサイルを再び発射し、

ミサイルは襟裳岬の東、約2000Kmの太平洋上に落下した。

我が国の上空を通過するミサイル発射という暴挙が繰り返されたことは、

我が国および地域の平和 と安全を著しく損なう極めて深刻な脅威であり、

「再びこのような暴挙を行ったことは断じて容認できない」と

安倍晋三首相は15日、北朝鮮の弾道ミサイル発射について厳重に抗議し強く非難する。と

官邸で記者団に語った。


スポンサーリンク

この抗議は当然の事であるが、一番驚いたのは、

あの温厚な彼、タレントで東京海洋大名誉博士のさかなクン、その人である。

 

15日に更新したフェイスブックの投稿に、

「これ以上 私たち日本の自然とたいせつな心を壊さないで!!」と訴えたほか、

「安全第一で!!どうが穏やかでいられますように

 2017年平成29年9月15日金曜日AM7:15さかなクン」

と記した直筆メッセージを投稿した。

 

今回のミサイル落下による被害は報告されてはいないが、海や魚への影響が懸念されるだけに、

さかなクンの悲痛なメッセージには賛同のコメントが多数寄せられました。

「海はミサイルを捨てる場所じゃない」

「大切な海がどうなっていくのか不安だ」

「地球の大切な自然を、海を壊さないで」

と自然を脅かす行為を嘆く声や、

「平和を祈るばかり」

「世界中の人が願えば平和はやってくる」

「さかなクン、ありがとう」と平和を願う声をあげた、さかなクンへの感謝を示すコメントが溢れました。

 

現状、日本国内外においてまだ被害が出ていないから事の重大さがわかっていないところがあります。

しかし、日本近海にミサイルが落ちているのは現実、日本人は魚介類を食材として沢山消費しているのにも

関わらず、そこ事にあまり関心を持たない。いや、直接被害が起きた場合の事ばかりに注目が集まりすぎて

他の問題は、二の次になっている節がありました。

今回、魚をこよなく愛するさかなクンが声を上げた意味は大きいと思います。

もっと、この問題については各国間の私利私欲抜きで、深く真剣に考え対応・対処をしてゆかなければ

いけないと切に願います。