9月20日から配信されている「iOS11」は、アップグレードするべきか?しないべきか?

Appleの最新「iOS 11」がついにリリース、iPhoneやiPadなど手持ちのiOSデバイスをアップグレードして、「Siri」「iPad」に追加された新たな機能と更に進化したマルチタスキング支援機能などを確認してみましょう。

Apple社の最新「iOS 11」が9月20日からリリースされていますが

手持ちのiOSデバイスをアップグレードして、使いやすくなったSiriやiPadに追加されたDock、

更に進化したマルチタスキング支援機能など新たな機能が使えるようになりました。

しかし、iOS 11の最初のVerのダウンロードはあまりおすすめできません。

何故なら、一斉にダウンロードする為にダウンロードの速度が遅かったり

デバイスがフリーズしたりするなどの問題やバグが発生しがちになる可能性が高いからです。

ですから、Apple社が一連の不具合を調整し終わるまでアップグレードするのを

待ってみるのも良いと思います。

 

アップグレードにおいての注意点は、

・アップデートは時間に余裕があるときに行うこと。

・アップデートの際は、必ず元のデバイスをバックアップしておく。

・アップデートの際は、PCにつないでアップグレードする。

を心掛けてください。

 

アップグレードに失敗する可能性はゼロではありませんから、

最低限、バックアップをして万が一に備えておくべきです。

デバイス1端末につき、iOSは2つまでバックアップ可能です。

AppleのクラウドサービスであるiCloudに保存されているiOSと

個人が保有しているiTunesにローカルで保存されているiOSです。

デバイスのバックアップはとても簡単ですし、iCloudもiTunesも、

Appleのサポートはかなりわかりやすくなっています。

iCloudのバックアップは自動的に暗号化されますが、

iTunesでローカルのバックアップをするには暗号化する必要があります。

どちらのバックアップも、iOSデバイスの中のあらゆるデータを保存できます。

しかし、Touch IDの設定、Apple Payの情報、iCloudのアカウントに

既に保存されているデータはバックアップされませんので注意が必要です。

過去の事例を見ると、Wi-Fi接続のiOSデバイスをアップグレードすると、エラーメッセージが

多発する原因になっていることがありますので、新しいOSはデバイスをPCにつないで

ダウンロードしてからアップグレードする事によって失敗する可能性が減りますし、

数GBもあるファイルをiphoneでダウンロードしないですみます。

必ずデバイスが充電されていることも確認(バッテリー残量が最低50%)が必要ですので、

残量がないとアップグレードはできないようになっています。

これも、アップグレード中は有線接続にした方が良い理由です。


スポンサーリンク

最新の「iOS 11」ではレイアウトを刷新しただけでなく、新たに「コントロールセンター」が

追加されましたので、この「コントロールセンター」について解説をしておきます。

Appleの最新「iOS 11」がついにリリース、iPhoneやiPadなど手持ちのiOSデバイスをアップグレードして、「Siri」「iPad」に追加された新たな機能と更に進化したマルチタスキング支援機能などを確認してみましょう。

コントロールセンターにある一番目立つ緑のボタン、

これは「モバイルデータ通信」をオン/オフするボタンです。

iOS 11ではレイアウトを刷新しただけでなく、一部機能の追加/削除ができるようになっています。

電波塔のようなデザインのモバイルデータ通信ボタンは追加されたものです。

このボタンが緑のときはモバイルデータ通信(3G/4G)が有効、濃いグレーのときは無効になります。

これまでモバイルデータ通信をオフにするときは、『設定』アプリを起動し操作していましたが、

コントロールセンターのおかげで簡単に変更できます。

機内モードとモバイルデータ通信との違いは、

音声通話のオン/オフができるか/できないかの違いになります。

ですので、モバイルデータ通信ボタンは、あくまでデータ通信回線をオン/オフするものです。

音声通話(キャリアの通話サービス)には影響しません。

実際、モバイルデータ通信ボタンをオフにしても電話の発着信は可能です。

一方の機内モードはといえば、モバイルデータ通信と音声通話の両方が無効化されてしまうため、

WEBの閲覧やメールの送受信のみならず電話をかけることも受けることもできません。

モバイルデータ通信だけを無効化できることに意味があるのですで、真意は定かではないですが

キャリアの3G/4G回線を利用したデータ通信は不要だけれど電話の発着信は必要、

と感じるユーザの要望をApple社が取り入れたのでしょう。

実際に使っていると、月末近くでパケット使用量をできる限り抑えたいと考えている時に、

Wi-Fiアクセスポイントが普及したおかげで、モバイルデータ通信が使えなくても困らないので、

コントロールセンターから簡単にオン/オフできるので、この新機能は便利ですね。

 

まだまだ、いろんな機能が追加されていますが、使う側の人間が追いつけない現状ですが

そんな心配は必要はありません。

アップグレードするか?しないかは、実際に使用した時に

困ったことがあった時に調べればいいことですし、実際に使用した方の

意見を取り入れてからでも遅くはありません。

その頃には、不具合も修正されたVerが提供されているはずです。