モデルチェンジされると、毎回恒例に成りつつあるiPhone耐久テスト。

AppleのiPhone Xをさっそく削って曲げて落としてみるテストする動画がYouTubeで続々とアップされています。果たして、iPhone X/iPhone 8はタフさと高音質を両立させることができるのか?気になる結果を見てみましょう。

新製品のiPhoneが出るたびに、購入したばかりのiPhoneに

「ひっかき」「落下」「あぶる」などの過酷なテストを行う方達が

動画を続々とYouTubeにアップされてゆきます。

毎回、この動画を見るたびに実際に検証した方達に

称賛を送りたくなります。

その結果からはiPhone Xの製品品質の高さが明らかになりますが、

その反面では、iPhone Xの中身、要ともいえる基盤(機能)が壊れてしまったことも

明らかにされています。

 

YouTubeチャンネルJerryRigEverythingでは、

iPhoneの画面の耐久強度を品質を確認するために、キズのつきにくさや、

ライターの火に対する耐性、そして手で端末を折り曲げる「ベンドテスト」を行っています。

まずは、

・画面のガラスの強度

 画面にテープを貼り、2から9の数字を書き込みます。

 この数字はモース硬度を現しています。

鉱物に対する硬さの尺度の1つで硬さの尺度として、1から10までの整数値を考え、
 それぞれに対応する標準物質を設定する方法です。

先端の硬度が違うニードルを使って、どの硬度になると画面にキズが付き出すかをチェックします。

ニードルでガリガリと鉛筆で書くように上下に動かします。

結果はiPhone Xの画面は硬度6からキズがつくことが判明しました。

一般的なスマートフォンと同じ耐久性を備えています。

ちなみに、モース硬度として最も硬いものはダイヤモンドになります。

AppleのiPhone Xをさっそく削って曲げて落としてみるテストする動画がYouTubeで続々とアップされています。果たして、iPhone X/iPhone 8はタフさと高音質を両立させることができるのか?気になる結果を見てみましょう。

この硬度であれば、iPhoneをそのままポケットに入れていても

鍵や硬貨なので傷が付くことはないですが、硬い石やセラミック製品の

角などでは傷が付く可能性があるので注意が必要です。

iPhone Xは背面もガラスでカバーされていますので、画面と同じように硬度を調べると

やはり、硬度6でキズがつき始めました。

傷に強いガラスが使われているとはいえガラスですので傷が付いたり割れたりします

普通の生活レベルであれば何の問題もないでしょうが、保護するシールなどを貼ることで

更に硬度が増し安全ですから貼っておくことを推奨します。

 

iPhoneのフレーム強度はどうなんでしょうか?

AppleのiPhone Xをさっそく削って曲げて落としてみるテストする動画がYouTubeで続々とアップされています。果たして、iPhone X/iPhone 8はタフさと高音質を両立させることができるのか?気になる結果を見てみましょう。

ステンレススチールを用いた本体フレームは頑丈そのものですが、

カッターナイフでこするとさすがに線状の傷が付いてしまいます。

iPhone Xでは、音量ボタンもステンレススチールが用いられています。

そのため、カッターで少しこすったぐらいでは大きなキズは付くことは

無かったです。

 

次に、火に対する耐火性や手で端末を折り曲げる「ベンドテスト」はどうでしょうか?

AppleのiPhone Xをさっそく削って曲げて落としてみるテストする動画がYouTubeで続々とアップされています。果たして、iPhone X/iPhone 8はタフさと高音質を両立させることができるのか?気になる結果を見てみましょう。

ライターの火で10秒ほどあぶってみると、面の一部が少し変色しましたが

液晶パネルのように真っ黒に変色してしまうことはありません。

iPhone XのOLEDパネルは熱に強い設計になっているみたいです。

しかし、変色はしなかったものの、熱によって

表面の耐指紋性撥油コーティングが変化してしまいました。

そして最後に、指の力でiPhone Xを曲げてみる「ベンドテスト」を試してみましょう。

画面に親指をあて、「ググッ」と力を込めても折れ曲がったり、

ガラスパネルの一部が浮き上がるような様子はありませんでした。

強度の高いステンレススチールフレームを使用したことで、

iPhone Xの折れ曲がり耐性は高いものになっているようです。

動画で詳しく内容をご覧になりたい方は、こちら


スポンサーリンク

いよいよ、みなさんが一番気になるテスト「落下テスト」についてはどうでしょう?

AppleのiPhone Xをさっそく削って曲げて落としてみるテストする動画がYouTubeで続々とアップされています。果たして、iPhone X/iPhone 8はタフさと高音質を両立させることができるのか?気になる結果を見てみましょう。

まずは、高さ1メートルぐらいのところから端末を落として強度をチェックです。

前面、背面、横向きにそれぞれの端末を落として見たところ、

どちらもガラスパネルやフレームに目立った傷はありませんでした。

 

次に、一般的に多く発生するであろう顔の高さからの落下をテストです。

AppleのiPhone Xをさっそく削って曲げて落としてみるテストする動画がYouTubeで続々とアップされています。果たして、iPhone X/iPhone 8はタフさと高音質を両立させることができるのか?気になる結果を見てみましょう。

すると、iPhone 8を背面から落としたときに……

「ビシッ」という音がしました。(実際にこの音は結構、ショックです。)

見事に背面のガラスがバキバキに割れた状態になりました。

こうなると、AppleCare+未加入の場合には3万8800円の修理費用がかかります。

AppleCare+に入っていても1万1800円がかかるので、痛い出費になります。

一方のiPhone Xも、前・後ろ・横の三方向からテストを実施。

iPhone8と違い、iPhone X(左)は無傷。iPhone 8(右)は、ディスプレイ側は無傷です。

iPhone Xは無傷と思っていましたが、内部に破損があったことが判明しました。

Face IDを使用した時、途中で認証がストップしてしまいました。

度重なる落下のショックで、どうやらTrueDepthシステムのセンサーが

破損してしまったと思われます。

動画で詳しく内容をご覧になりたい方は、こちら

 

今回の動画を見てわかったことは、

iPhone X.iPhone 8共に製品品質が高く、

これまでのモデルで弱点であった部分を改善して出来上がった製品ですので

普通の生活レベルでは、何ら問題なく使用できます。

ですが、実際問題としてハードカバーなり保護シールなどで

対策を施すことにより、より強固なものとして使用することをお勧めします。

あの画面が割れた時のショックと出費、ショップへ持って行く労力を考えてみれば

断然安く、安心です。