全ては、2017年11月8日に発売された49号で、主人公「幕之内一歩」が「パンチドランカー」であることを認めたとみられる描写から始まった。

読者騒然「はじめの一歩」急展開、「ついに終わってしまうのでは?」、という声がネットで話題となっています。2017年11月8日に発売された49号で、主人公「幕之内一歩」が「パンチドランカー」を認める描写があったところから始まりました。

漫画「はじめの一歩」は、漫画はもちろんのこと

アニメやゲームでも人気の高い作品で知られていることでも有名な作品が

今、ネットで話題になっています。

漫画での現在のあらすじは、世界王者を目指す幕之内一歩は、

フェザー級フィリピン王者アントニオ・ゲバラと現在戦っている展開から

描かれています。

話題になっている描写は、第4ラウンド後半に訪れました。

猛攻を仕掛けようという場面で幕之内一歩が

「申し訳ありません」と心の中でつぶやき、

「自分の身体のコトです うすうすわかってはいました。」

「以前の自分ではないというコトは わかっていたんです。」

と4ページにわたり、自身が「パンチドランカー」であることを認めたような描写が

あったことがネットで話題となっています。

この「パンチドランカー」になっている疑いは、

同級WBC世界2位のアルフレド・ゴンザレスとの試合で敗北をした後、

パンチを打たれすぎて脳に障害が生じる「パンチドランカー」になっているような

そぶりを一歩自身が、

「線がまっすぐ描けないことがあったり」

「格下相手のスパーリングでよけきったと思ったパンチがヒットしたり」

と、パンチドランカーの疑いを匂わせるような描写がなされていました。

しかし、その後の物語の展開では一歩はその疑惑について、否定的な態度を取っていましたし

その後はまっすぐ線を引けたことなどもありパンチドランカー疑惑はひとまず払拭され、

再起をかけて今回のゲバラ戦に臨んだはずだったのですが・・・

今回の「パンチドランカー」疑惑につきましては、一歩だけではありません。

同じボクシングジムいる鷹村守にも以前、「パンチドランカー」疑惑が持ち上がり

ネットを騒がせましたが、やはりこの時も疑惑を払拭するように描かれ現在に至っています。

 

この「はじめの一歩」は、1989年から「週刊少年マガジン」で連載されています。

「漫画のあらすじ」

いじめられっ子にいじめられていた一歩(主人公)が、

鷹村守と出会ったことでボクシングと出会い、

本当の意味での「強い」とは何かを探す物語を描いた作品です。

連載は2017年11月9日現在、118巻まで刊行されています。


スポンサーリンク

森川ジョージさん原作の「はじめの一歩」は、数あるボクシング漫画では珍しく

ラヴコメ要素を多く取入れ、現実にいそうな主人公が

努力と根性で、ひとつひとつ階段を登って成長していく姿を描いていて

多くの読者の心をつかんではなさない漫画です。

そんな明るいボクシング漫画だからこそ、終るときは「ハッピーエンド」

と、思っている読者も多いのでは・・・。

 

この描写によってネットでの反応というと、バッドエンドを予想して

「はじめの一歩ついに終わりに向けてたたみはじめて来たなって感じ」

「ハッピーエンドで終わって欲しい漫画なんだけどな・・・」

「はじめの一歩が一歩パンチドランカーEndとかマジ勘弁」

物語の終焉、暗い展開に向かいつつあることに嘆く声が多く見られます。

 

その他にも懐疑的な声もあります。

「取り敢えずリカルドマルチネスと宮田君と試合させろ」

「世界王者リカルド・マルチネスらとの戦いを見たい」

「最終回は数年後の板垣とリカルドマルチネスの対戦を客席から見守る一歩、とかだろうか」

「連載を終わらせるならば編集部はようやく決断したな。多分引き伸ばすやろけど」

「一歩のパンチドランカーと鷹村の目の異常が確定したまま、ふたりとも現役続行で話が進むぞ」

 

など、最終回の展開を予想する声もありました。

 

原作の森川ジョージさんは丁寧な描写をされる方でも有名な方ですので、

「また、一つ長期連載漫画が終焉してしまうのか?」

「続くのか・・・。」

漫画、「はじめの一歩」の今後の展開に注目です。