NHK矢島良チーフ・プロデューサーの粘り強い交渉の末、特別出演枠で安室奈美恵さんと桑田佳祐さんの出演を決めた紅白歌合戦のネットの反応は?

NHK制作統括矢島良チーフ・プロデューサー粘り勝ち、大みそかの第68回NHK紅白歌合戦に、来年9月の芸能界引退を発表した安室奈美恵(40)さんとソロデビュー30周年を迎えた桑田佳祐(61)さん共に企画枠で特別出演することが決まりました。

12月19日、NHKが大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分)に、

来年9月で引退する歌手安室奈美恵(40)が特別出演歌手として出場すると発表されました。

安室の紅白出場は2003年以来、14年ぶり。紅組、白組の枠を超えた特別企画枠での出場となり、

NHKホールではなく、東京都内のNHK局内のスタジオからの生中継になるとのこと

更に噂では20分のステージが用意されているとまで言われています。

安室奈美恵さんは、これまでTV出演をされなかったのには

「ファンにはライブで歌を届けたい」という思いからだと言われています。

しかし、今回出演を決めたのには来年行われるツアーは国内で75万人規模で開催されるにもかかわらず

多くのファン方々がチケットをとれないという実状ら、ファンのために歌を届けたいという思いから

出演を決めたのかもしれません。

テレビではラスト生歌唱となる可能性もあってファンにとってはうれしいと期待が高まっている反面、

内情(NHK側)は

安室奈美恵さんにどれだけ視聴率を稼いで貰えるか期待しているのではないでしょうか?

そんな中12月21日には、なんと「桑田佳祐さんの特別出演も決定!」という発表がありました。

桑田佳祐さんも、NHKホールではなく年越しライブ中の横浜アリーナから生中継する予定で

サザンとしてシークレットゲストで出演した14年以来3年ぶり通算6回目の出演。

 

出演について桑田佳祐さんは、

「ひよっこは私自身、毎回楽しみに拝見しておりました。

 素晴らしい出演者の方々の演技と心温まるストーリーに、

 毎日のように笑ったり涙したりしていたことを思い出します。

 『若い広場』を今年の締めくくりとして晴れの舞台で歌わせていただけることは、

 この上ない喜びです。

 私も還暦を過ぎてしまいましたが、若い出演者の方々に負けないよう、頑張って歌います」

と意気を見せています。

 

連続テレビ小説「ひよっこ」のおかげで出演が決まったものですが、

前にもこれと似たような手法で出演を決めた方がおられるのをおぼえていますか?

それは、連続テレビ小説「あまちゃん」です。

「あまちゃん」のおかげで小泉今日子さんが出演されました。

それも出演者総出演で出演されたのが記憶に新しいと思います。

今回も「ひよっこ」出演者が多数出演されると思います。

この、W出演を決めたことでNHK矢島良チーフ・プロデューサーが

「出ていただけたら目玉になる」

「視聴者の方が見たいと思うような紅白に少しでも近づけたい。」

と発言していたようになりました。


スポンサーリンク

しかし、ネットでの反応はどうかと言いますと・・・・

「紅白歌合戦なのに、なぜ特別出演なんかあるの?」

「もう紅白歌合戦ではなく、ただの歌番組になりさがった」

「特別出演ってだけで、何曲も歌うのはおかしい」

「安室さんが出演してくれるのはうれしいけど・・・、出てほしくなかったとおもう」

「安室ちゃんが出演を決めてくれてうれしい!」

「W出演は絶対ないと思ったから、めちゃうれしい」

「今年の紅白はおもしろいかもしれんな」

「今年は紅白を見るか」

と、ネットではいろんな意見が出ていますが

見る側からすれば、この出演は大変喜ばしいことだと思います。

しかし、紅白歌合戦という内容からすると「どうかな?」と思うところもあります。

あくまでも、歌合戦ですので紅組、白組で出演されている方々に

注目が集まらないといけないと思います。

視聴率をとるためだけの番組編成になっていると思いませんが

視聴率をとるためだけの番組編成と思ってしまうほどに

お二人の注目度が高く、期待されているからなのでしょう。

12月31日はリモコンから手が離せない方々が多くなるのではないでしょうか