Apple社が正式に「iPhoneは早ければ1年後に性能が落ち始める」と認める発表をしました。これは朗報なのか?それとも凶報か?

2017年12月20日、「Apple社が古いiPhoneの性能を意図的に落としているのではないか?」という疑念が持ち上がったことに対して、Apple社はこの内容が事実だと正式に認めました。

iphoneを使用していると、iPhoneが「遅い」「調子が悪い」と感じることがありませんか?

多くの方は、特にインターネットを見ている時に感じる方が多いと思いますが

他にもマルチタスク中に他のプログラムを開く時に

「遅い」とか「調子が悪い」と感じる方が多いと思います。

二つ以上のプログラムを、1台のコンピューター内で見かけ上同時に実行すること。
 あるプログラムの入出力の待ち時間中に、他のプログラムを実行すること。

そんな時、実際にiPhoneを使用しているユーザーの大半は

「ネット環境が悪いから・・・」

「同時に何個も動かしているか・・・」

「使っているiPhoneが古いから・・・」

など、あまり気にしていないユーザーも多いはずです。

しかしこの問題は、様々原因がありますし対処の方法も様々あります。

その対処法と言うと大半の方は、

・WiFi環境で使用する。

・使っていないプログラムを閉じてみる。

・「低電力モード」のオン/オフしてみる。

・電源を入れなおしてみる。

・OSをアップグレードをすれば治る。

・気にせず使用している。

などで少しでも改善されてしまうと治ったと思ってしまうのが実状です。

更に、コアなユーザーになると「何が原因なのか」を徹底的に探す方々もいます。

そんな中で、海外の掲示板サイトのRedditというサイトで

「古いiPhoneのバッテリーを交換すると端末の動作が軽くなった」

という報告されたのが話題になり、大きな波紋となって今回の発表がなされました。

反応速度が遅くなる現象から、Apple社が「古いiPhoneの性能を意図的に落とした」と認めるまでの経緯

 

事の発端は、iPhone 6sの動作の遅さに悩まされていたというユーザー・TeckFireさんが

2017年11月10日に書き込んだ事から始まりました。

iOS 11にアップデートして以来、端末の反応が非常に遅くなってしまい、

しかも原因が全く不明であることにTeckFireさんは悩まされていた模様です。

遅くなる現象は単なる体感的なものだけではなくて

実際にベンチマークソフトを使って測定しても同様だったとのこと。

GeekbenchでiPhone 6sのスコアを測定したところ、以下のように

シングルコアのスコアが1466、マルチコアのスコアが2512だったそうです。

このスコアは、iOSに備わっている「低電力モード」のオン/オフを切り替えても変化はなかったとのこと。

TeckFireさんはここで端末のバッテリーを新品に交換し再び同じベンチマークを実施しました。

すると、

シングルコアのスコアが1466→2526へ、

マルチコアのスコアも2512→4456へと2倍近くに増加したことが明らかになりました。

2017年12月20日、「Apple社が古いiPhoneの性能を意図的に落としているのではないか?」という疑念が持ち上がったことに対して、Apple社はこの内容が事実だと正式に認めました。

       バッテリー交換前                 バッテリー交換後

 

TeckFireさんによると、古かったバッテリーを診断したところ

約20%の容量減少が確認されていたとのこと。

これらの状況から、TeckFireさんは

「Appleはバッテリー容量が減っているiPhoneの速度を低めている。

 バッテリーを交換すると、再びフルスピードに戻る」

と記しています。

この報告が大きな話題になり、ベンチマークソフトGeekbenchが

この主張を裏付けると推測できる統計を明らかにしました。

Geekbenchは、

「なぜAppleは意図的にiOS更新によって性能を下げているのか?」を推察しています。

バッテリー交換で性能が急回復したというRedditの投稿が出されて以降、

同じ現象を確認したという報告が相次ぎ、

iPhoneのバッテリー性能とCPU性能の関連性について大きな議論となりました。

バッテリー性能の経年劣化は一般的でありユーザーも受け入れやすいところですが、

CPUの性能が劣化することはユーザーの想定外であり、

iOSの更新に合わせて意図的なパフォーマンス低下措置を

Apple社が意図的にやっているのであれば大問題です。

「iOSアップデートによって性能は低下するのか?」という

iPhone 6/6sユーザーによる疑問に答えるために、ベンチマークソフトGeekbenchが、

Geekbench 4で収集されたiPhone 6sとiPhone 7のiOSバージョン別の

ベンチマークスコアの統計の結果では

GeekbenchはiPhone 6sのiOS 10.2.0とiOS 10.2.1とを比較することで、

「iPhoneの性能が低下するのはiOSのソフトウェア都合によるものだ」と結論づけています。

iOS 10.2.0とiOS 10.2.1というリリース時期が極めて近いソフトウェア間で明確な差が出ている以上、

ハードウェアの劣化という物理的な障害が原因だとは考えづらいと今回の結果から、

iPhoneが古くなるにつれてベンチマークスコアが悪化する傾向にあるのがわかりました。

これまでのところ「突然のシャットダウン」不具合が報告されていないiPhone 7についても

AppleがiOS更新を通じてパフォーマンスを低下させているように見える点は注目すべきところです。


スポンサーリンク

過去(2016年後半)、iPhone 6s世代の端末が何の前触れもなくシャットダウンする問題が表面化し、

同年12月にAppleがバッテリーの無償交換プログラムを実施していたことがありました。

しかし、バッテリー交換プログラムによっても修正できなかったため、

この時から、「古いiPhoneの性能を意図的に落とす」ことが始まったのかもしれません。

 

ベンチマークソフトGeekbenchの公表を受けて、

Apple社が正式に「iPhoneのピーク性能を意図的に落としている」ことを認めました。

Apple社はMashableやTechCrunchなどのIT系メディアに対して、

iPhone性能低下問題について以下の通りメールで回答しました。

 

「私たちの目標は顧客に最高の体験を提供することです。

 これには全体的な性能向上や端末の寿命を延ばすことも含まれます。

 リチウムイオンバッテリーは、寒い状況下でピーク電流を流せなくなったり、

 繰り返し使うことで最大容量まで充電できなくなったりします。

 このせいで電子部品を保護するために予期しないシャットダウンがもたらされるのです。

 昨年、前述の状態になったiPhone 6、iPhone 6s、iPhone SEで、

 瞬間的な電力消費を緩和して端末が予期せぬシャットダウンを起こすのを予防する機能を

 リリースしました。

 私たちは、この予防機能の対象をiOS 11.2でiPhone 7まで広げました。

 そして、今後も他の端末を対象に加える予定です。」

 

上記のとおり、Appleはバッテリーの劣化したiPhoneが

予期せぬシャットダウンを起こすのを回避したりバッテリー寿命を延ばしたりする目的で、

iOS更新のタイミングで意図的にiPhoneのピーク性能を落としていることが確認されました。

iPhone 7におけるピーク性能制限機能導入のタイミングから見て、

早ければ約1年後にはピーク性能を制限される端末が出始めるようです。

これは「最高のユーザー体験を提供するため」だとApple社は述べています。

 

 

今回の発表については、「凶報なのか?」かなり重要な問題が多くあると感じにはいられません。

Apple社が今回の騒動が発生するまで古いiPhoneの性能を制限している

事実を明らかにしてこなかった点に問題があり

ユーザーの中には、常に最大のパフォーマンスを求める方が一定数います。

この事実を明かさないことで一部のユーザーの「最高の体験」が損なわれているのは確実であり、

また、容易にiOSのバージョンを戻すことができないため事実を明かさなかったことで

「iOS更新時にピーク性能をとるのか?」

「安定性をとるのか?」

というユーザーの選択権を奪っていたとも言えます。

また、性能低下がバッテリーの劣化に起因することが知らされないことによって、

何もわからないまま、新しい端末の購入に踏み切るユーザーが多数存在していると思います。

Apple社がiPhoneユーザーに

「新しい製品を購入するのを促している」ととらえられても仕方がありません。

さらに、iPhoneはバッテリーをユーザーが容易に交換できない構造になっていることも問題です。

Apple社はバッテリー交換プログラムを提供していますが、

バッテリーを交換するにはApple社に問題のiPhoneを送る手間が必要であり、

バッテリーの交換料の8800円(税別)が必要です。

The Vergeの指摘する通り

「Appleは早ければ1年後に崩壊し始める製品を意図的に販売している」のであり、

「Apple社はバッテリーが急激に劣化しないスマートフォンを設計するか」

「iPhoneユーザーに何が起こっているのかを知らせるべきだった」

という発言はその通りだと思います。

逆に今回の発表を朗報ととらえるべきかもしれません。

まだ、早い段階で問題が表面化したことでiPhoneユーザーが知ることができた点は

かなり良いことだと思います。

Apple社が目標とする「最高の体験」の提供にとって、

予期せぬシャットダウンを回避することが重要であることは間違いありませんが

Apple社がiPhoneで制限するのはピーク性能であり、モバイル端末がCPUの性能をフル活用する場面は

ベンチマークソフトの計測を除けば、新規アプリの導入時などの限定的な場面に限られるため、

ピーク性能を制限されたとしてもユーザーが「遅さ」を感じることは少なく、

実用上の問題はないとも考えられます。

今回の事で予期せぬシャットダウンの回数が減り、バッテリー駆動時間が延びるというメリットも

あることから一概に凶報とも言い切れません。

今回の件を受けてApple社が、今後のiphoneからユーザー自身でバッテリー交換ができる設計に

なるかもしれません。

いつも話題のiPhoneですが、今回の発表について

Apple社の述べる理由が「正当か?」「妥当か」と言えるかどうかは、

個々のユーザーが判断すべきことですが、

今後、発表されるiPhoneにおいてもバッテリーの劣化具合に応じて

ピーク性能が制限されるという事実は、iPhoneに買う方や買い換える方は

iPhone購入時に考慮しておくべき情報であることは間違いなさそうです。

現在、iPhone 6やiPhone 6s世代・iPhoneを1年以上の端末を使っているユーザーの中で

「端末の反応が一気に低下した」という印象を持っている人がいるのであれば、

バッテリー交換を検討してみるのも良いと思います。

もちろんバッテリー交換前に、念のためにバックアップは忘れずにしておく事をお勧めします。