Apple社が古いiPhoneの性能低下問題を正式に謝罪しバッテリー交換費用を60%以上値引きすると発表したことにより、バッテリー交換申込みユーザー急増!

2017年12月28日、Apple社が古いiPhoneの性能低下問題を正式に謝罪しバッテリー交換費用を60%以上値引きすると発表したことにより、iPhone 6以降のiPhone所有者でバッテリー交換が必要なユーザー申し込み急増中でバッテリー不足?

今回、意図的に古いiPhoneの性能を落としていたことが明らかになり、

iPhoneユーザーから集団訴訟を提起されているApple社がユーザーに向けて正式に謝罪し、

バッテリー交換費用を60%以上値下げすることならびに、

iOSアップデートによりバッテリー状態を把握できる機能の搭載するように決まりました。

Apple社は、2017年12月28日に公式サイト上で

「A Message to Our Customers about iPhone Batteries and Performance」

(iPhoneバッテリーとパフォーマンスに関する顧客へのメッセージ)

でメッセージを公開。

一連のiPhoneパフォーマンス低下問題について、

多くの顧客から意見をいただいたことを明かすとともにお詫びをいたします。と述べ謝罪しました。

その上で、バッテリーの劣化によってどのような影響がもたらされるのかについて説明し

予期せぬシャットダウンを回避する機能を、

iPhone 6・iPhone 6 Plus・iPhone 6s・iPhone 6s Plus・iPhone SEでは

iOSアップデートで導入していたことを顧客に向けて正式に明かしました。

Apple社としては以下の3点について改善をすることを決定しました。

1. iPhone 6以降のiPhone所有者でバッテリー交換が必要なユーザーに、

  現在79ドル(日本では税別8800円)で提供しているバッテリープログラムを

  29ドル(約3300円)で提供すること。

   この変更は2018年1月後半から12月まで行う。

2. 2018年始めにiOSソフトウェアアップデートをリリースし、

  その中でiPhoneユーザーがバッテリー状態をより詳しく把握できる新機能を提供する。

3. パフォーマンス管理の改善、バッテリー劣化に伴う予期せぬシャットダウンの回避などの

  ユーザー体験の向上のための施策を今後も実行する。

2017年12月28日、Apple社が古いiPhoneの性能低下問題を正式に謝罪しバッテリー交換費用を60%以上値引きすると発表したことにより、iPhone 6以降のiPhone所有者でバッテリー交換が必要なユーザー申し込み急増中でバッテリー不足?

      iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと – Apple(日本)

バッテリー交換プログラムの値下げは、日本を含めた全世界で行われる予定です。

ただし、今回の表明からもApple社はバッテリー劣化に伴う性能低下処置を止めない方針で、

iPhone 8以降でもこの措置は続けられると考えられ、

2019年以降のバッテリー交換費用については明らかになっていません。

また、現在Apple社に対して行われている集団訴訟の一つは、

「バッテリーの性能劣化が原因でパフォーマンスダウンしていることを

通知されていなかったことによって、新しいiPhoneの購入を余儀なくされたという経済的な損害」を

主張しているため、今回の発表が集団訴訟を食い止めることになるとは限りません。


スポンサーリンク

ただ、今回の件を受けてAppleでは、

iPhone 6 Plusなどの一部の端末でバッテリー在庫が底をつき始めたことにより

Apple Storeや正規サービスプロバイダーに配布された内部文書に、

「iPhone 6 Plusの交換用バッテリーが不足しており、

2018年3月下旬から4月上旬まで交換対応ができない」という

情報が記載されていることをMac Rumorsが確認しました。

内部文書では、iPhone 6とiPhone 6s Plusの待機期間は「約2週間」、

それ以外の

iPhone 6s・iPhone 7・iPhone 7 Plus・iPhone SEは「遅延なし」になっていると

Mac Rumorsは明かしています。

この内部文書はアメリカ国内向けのものですが、

Mac RumorsはニューヨークやノースカロライナのApple Storeで、

iPhone 6 Plusのバッテリーを交換できるようになるのは

2018年3月下旬から4月上旬と回答されたという情報を

読者から得ており、リークした内部文書通りの対応が行われていることが

確認できたことにより遅延が発生していることが明らかになりました。

バッテリー交換の値引き対応が始まったせいで、多くの旧型iPhoneユーザーからの申し込みが殺到して

一部のiPhoneではバッテリー在庫が切れたため対応できない状態にあるようですが、

交換プログラムの値下げは2018年12月まで継続されるので、

バッテリー交換をすぐに行う必要がないユーザーは、

バッテリー在庫が回復するまで待つほうがいいと思います。

また、Apple Store以外のAppleが認定する正規サービスプロバイダーでも

値下げされた価格での交換対応を受けることは可能です。

正規サービスプロバイダーはバッテリー交換費用を自由に設定できますが、

ユーザーが請求される費用は値下げされた価格で、サービスプロバイダーに対しても

Appleが定めた値下げ価格を上回る分についてはAppleから補償がされます。

バッテリーを交換する緊急の必要性があるユーザーは、サービスプロバイダーを利用するのもいいかも。

 

正規サービスプロバイダーは以下のページから、検索可能です。

2017年12月28日、Apple社が古いiPhoneの性能低下問題を正式に謝罪しバッテリー交換費用を60%以上値引きすると発表したことにより、iPhone 6以降のiPhone所有者でバッテリー交換が必要なユーザー申し込み急増中でバッテリー不足?

手順としては、

「iPhone」→「バッテリー、電源、および充電」→「バッテリー交換」→「持ち込み修理」の順に

進めていけば大丈夫です。

日本では対象のiPhoneを持つユーザーは故障や不具合の有無を問わず、

税別3200円でバッテリーの交換を受けられますので、安心して対応してもらえます。

なお、値引き価格での交換は基本的に1回限りになっていますので注意が必要です。

今回の件で、もしかしたらiPhoneのバッテリー交換が

ユーザーで交換できる設計になるかも・・・っと思ったのですが、可能性は低いですね。

しかし、

驚くべきことはApple社が、今後もバッテリー劣化に伴う性能低下処置を止めない方針であること

なので

その点から考えると、バッテリー交換の手間を考えると・・・

ユーザーで交換という可能性もあるかもしれません。

可能性は限りなく薄いでしょうが、今後のモデルに期待したいですね。